身近な人だけで温かな結婚式!家族婚を行うメリットとポイント

現在増えている家族婚とは

現在ウエディングスタイルは多様化しており、中でも増える傾向にあるのが家族婚です。この家族婚とは、一般的に新郎新婦の家族及び親族のみで執り行う少人数の挙式を言い、これには親しい友人も交えた10人程度の小規模結婚式を指す場合もあります。何れにしても、二人の身近な方だけを招いて、心から祝福される温かな挙式が挙げられることが最大のメリットです。また、家族婚の増加と伴に式場でもこれに対応するところが多くなっているんですよ。

家族婚を行うメリットは

家族婚は、基本的に多くのゲストを招いての披露宴がなく、挙式のみまたは挙式と食事会となります。その為、式自体のアットホームさも然ることながら、費用面に於いて経済的且つ合理的で、会社の上司等他ゲストに対する気遣いなど肉体的・精神的な負担も少なくて済むんですよね。また、授かり婚や再婚、ライフスタイルに合わないなどそれぞれの事情を尊重しながら挙式を行えることも家族婚の大きなメリットです。更に、小規模な式であるだけに準備期間も短くて済むと云うメリットもあります。

家族婚を行うに際してのポイント

家族婚を実際に行うと決めた場合のポイントでは、その準備は通常の結婚式程期間を要しませんが、現在では様々な式場またプランがある為ブライダルフェアやインターネットなどを一度覗いてみると良いでしょう。また、挙式はチャペルや神前などにて通常全てを終えるまでに3時間程度を要しますが、食事会もする場合は更に2時間程度を要するのが一般的です。そして、食事会は式場のプランに従う必要はない為、個々にレストランやバー、カフェなどゆっくり身近な方だけで過ごせる場所を確保することがポイントとなります。

家族婚の最大のメリットは、出席者とゆっくり接する時間が取れるということです。新郎新婦が感謝の気持ちを伝え、新しく生まれた家族の絆を深め、今後の関係が良好なものとなるよう式を進めていくことが大切です。